冬季の運転について勉強しました。

12月6日(土) 月例の安全会議を開催しました。

今回は、冬季の運転での注意点について勉強しました。

sP1000820.jpg sP1000825.jpg sP1000818.jpg

12月に入り、先週からこの地方も急激に寒くなりました。
これから4月に入るまでの時期は、積雪や路面の凍結による事故が、
全国的に予想される為、普段よりも心がけることが多くなります。

・冬季用具の備え。(ハード、ソフト面での余裕)
・「急」のつく運転の厳禁。(スリップ、スキッドの防止)
・車間距離はいつもよりも更に多く。(スリップ、スキッド時の事故回避)
・吹雪や降雪時は早目のヘッドライト点灯。(視界の確保、相手車への認知)
・下り坂はエンジンブレーキで減速。(スリップ、スキッド防止)
・チェーンの脱着は早目に行う。(スリップ、スキッド防止とチェーン切れの防止)

以上のことが特に大事かと思います。

早速、全車両にチェーンの準備をしました。

sP1000833.jpg sP1000836.jpg sP1000838.jpg

前から後ろまでしっかり確認をしてトラックに備え付けてもらいました。

例年、チェーンを巻かないことの方が多いですが、最近は全国的な異常気象等で
普段は降雪しない地域での、突発的な豪雪に見舞われることも考えられます。

天候に注意し、いつもより用心深く運転し、先ずは年末迄 「無事故」 を達成したいです。

協和陸運株式会社<本社窓口>
愛知県豊川市篠田町弘法野37-1
TEL:0533-92-1360
URL:http://www.kyowa-rikuun.co.jp




2014-12-08 : 安全会議 :
Pagetop
ホーム