2月度安全会議を行いました。

2月4日(土) 2月度安全会議をZOOMで行いました。

今月の安全会議はまん延防止等重点措置が実施されていることもあり、ZOOMで行いました。
人が集まるのを避け、密室、密集にならないようにドライバーには支給しているスマホで自宅からの参加をお願いしました。

今回は国土交通省に定められた12項目のうちの
「交通事故に関わる運転者の生理的及び心理的要因及びこれらの対処方法」について行いました。

生理的要因は①過労状態 ②睡眠不足 ③飲酒運転 ④風邪薬等の服用があり、
心理的要因は①運転技能への過信 ②焦る気持ち ③興奮状態があります。

過労状態の症状としては①注意力の低下②疲労の増大③眠気の発生があります。
これらは疲労の蓄積、睡眠不足の他にストレスや生活習慣の悪さによって過労状態が作られます。
疲労を蓄積させない為には、①6~7時間の連続した睡眠②20分程度の仮眠が有効であると指導しました。

スクリーンショット (63)


今回はJAPPAのDVDを使用し、交差点での事故事例で危険予知トレーニングを行いました。



交差点を曲がる時や生活道路で走行する場合には速度を落とす大切さを学びました。

今回の安全会議で協和陸運がRespect the Law 38に参加した事を発表し、
Respect the Law 38の動画を使用し、道路交通法第38条を守るように指導しました。

46446461.png



横断歩道に近づく場合は、直前で停止することができるような速度で進行し、
歩行者優先を守れるように気をつけて運転しようと思います。

協和陸運 川越


協和陸運株式会社<本社窓口>
愛知県豊川市篠田町弘法野38-4
TEL:0533-92-1360
URL:http://www.kyowa-rikuun.co.jp

2022-02-04 : 安全会議 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »